top of page
検索

【知らないことだらけ】

◆7月20日の活動◆

小金沢まさしです。


先日、ゴミ拾いとホームレスのお話をさせていただきましたが

()

市と(ゴミとホームレス問題の2つの課)お話をさせていただきました。


これが一筋縄ではいかない問題だったことが発覚!

市としても悩ましい案件だったようです。


ゴミを散乱させていたホームレスの方は、

6月に国道事務所から一度退去勧告をされ、その場を離れていたようですが

いつの間にか舞い戻っていたようです。


お名前や年齢も把握しており、定期的な巡回はしていたのですが

なかなか会えないとのことでした。


また、この方は一度、市の施設に入っていたものの

トラブルを起こしたことともあり、退去させられていました。


しかも、もう戸田市の施設には入ることができないとのこと。

このお話をしている際、担当課やこの問題に関わっている方しか知らないことも教えていただけました。


ひとつ例を挙げると

“戸田市は地形的にホームレスが居つきやすい”らしい。


ではなぜ、ホームレスが戸田市に居つくのか?


考えてみると簡単なのですが

河川敷のある地域にはホームレスが居つくそうです。


現在、戸田市のホームレスは二十数名確認されており

河川敷が居住の中心になっていることも教えていただきました。

河川敷にいる方のほとんどが小屋を建てて生活しており、

施設に入ることも拒否しているとか。


寒さの厳しい冬になると施設に入る方のいるそうですが、

暖かくなると出ていくことも多いことも教えていただきました。



市では定期的に巡回をすることでホームレスの方を訪問。

居住実態を確認いしているそうです。


ほんと

“知らないことだらけ”

です。


しかし、ホームレスの現状が良いという訳ではありません。


市として、県として、国として

ホームレスの方たちになにができるのか。


党の皆さんのお知恵も借りながら、解決策を探っていきます。








閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

戸田市 発砲事件と報道のあり方について

こんばんは。 先日の放火・発砲・立てこもり事件もあり、 駅頭活動2をお伝えすることを控えておりました。 当日の火曜日(10月31日)、 駅頭後、ボートレース企業団議会の研修に参加している際に事件の一報を知らされました。 このことから 夕方から行う予定だった三市(戸田市、川口市、蕨市)の 議員意見交換会は、状況を鑑みて中止に。 私も帰宅し、子どものお迎えをしつつ 登下校を手伝わせていただきました。

One for all

「埼玉県虐待禁止条例の一部を改正する条例案」に反対しましたが ・小学生だけで公園で遊びに行く ・児童が1人でお使いに行く ・不登校の子どもが日中家にいる状態で、親が買い出しや仕事に行く ・兄の習い事の送迎時に、弟が昼寝をしていたので起こさず外出する ・ゴミ捨てにいくため留守番させる ・小学校1年生から3年生だけで登下校する ・18歳未満の子と小学校3年生以下の子が一緒に留守番をする 以上挙げたよう

Comments


bottom of page